05 黒金

  • KYOTO Collection

  • 05

  • CrMo Racer
    黒金くろがねFerrum

黒は、強い。
何色と交わろうともその存在感を失うことはない。
すべての光を呑み込み、すべての力を吸い込んでも、
黒は、黒で在り続ける。
そう、黒は、強い。

古来、鉄を黒金(くろがね)と呼び、
強いもの、硬いものを示す言葉として使われてきた。
いろいろなものが混じりあい、新たな素材が生まれたこの世においても
その存在は色褪せることはない。
古より存在するその素材は、
素朴で純粋であることによって
他と混じらずともその存在を貫き通し、
かつ異彩を放つ。

クロモリ・レーサーは、
もはやこの時代の先端ではない。
しかし、そのシンプルな構成はなんら朽ちることなく
未だ、人の道具として存分に機能する。
シンプルであることは強い。

クロモリ・レーサー『黒金(くろがね)』。
これまで辿ってきた20余年を乗り越え、
次の20年も存在し続ける強さを持っていると信じている。

  • ベーシックFRについて
  • 完成車の購入@web store
  • 05 黒金 Kurogane
  • 05 黒金 Kurogane
  • 05 黒金 Kurogane

※本ページのイメージ画像の完成車は旧パーツで組み付けているものがございますが、
 現在完成車は最新のパーツを組み付けて販売しております。

自転車概要:
バネのような、
そんな形容があてはまるのかもしれません。
同じクロモリのロードバイクでも、その設計によって乗り味は全く変わります。
ビゴーレは、クロモリ鋼の性能を最大限に活かすべく、
これまでのあらゆるレースで幾度も限界までチャレンジして得た経験とノウハウによって、
このクロモリ・レーサーを生み出しました。(そもそも最初はレース用として開発していました。)

ただ軽さだけの追求ではなく、しっかりと乗り手の力を前に進む力に変換できるように
緻密に考え抜かれた素材の長さと厚みのバランス、
そして、必要以上に素性変化しないように溶接にまで気を配り、
いろいろなクロモリバイクを乗り比べたオーナーからは
「まるで後ろから押されているよう」と言われる一台となりました。

  • ■共通
  • フレーム  :クロモリ・レーサーフレーム   フォーク  :クロモリ・レーサーフォーク
  • カラー   :鋼カラー(マット・シルバー)

価格:
プレミアム(SHIMANO Dura-Ace(9100)仕様)
600,000円(税込 648,000円)

グレードRS+(SHIMANO Ultegra(8000)仕様)
340,000円(税込 367,200円)

グレードRS(SHIMANO 105(R7000)仕様)
240,000円(税込 259,200円)

グレードe(SHIMANO Claris仕様)
195,000円(税込 210,600円)

完成車の購入@web store